がん転移を防いで人生計画を明るく|はつらつ解決法NAVI

医者

検査の重要性

笑顔

食道がんは早期発見が大切な病気です。現在では内視鏡検査を受けることで早期にがんを発見することも可能になっています。負担の少ない新しい内視鏡検査も登場しており、検査の苦痛を懸念する方はそうした方法を選ぶのが賢明です。

» 詳細を読む

転移の危険

医者

がんの転移は厄介な問題でした。検査技術の方が向上してきたので、それが私たちにとってプラスになっています。また、がんの転移の特徴としては、治療が難しくなってくるということがあります。

» 詳細を読む

NK細胞を利用

病院

癌性胸膜炎では、まずは癌を克服、再発させない治療が有効とされています。NK細胞を利用した療法では、副作用が少ない、再発を防止できるなどのメリットが高く認められています。癌性胸膜炎における最新療法として、活用されています。

» 詳細を読む

病気とその治療法

快適に過ごせる身体づくりを進めていくためには、高技術なサイバーナイフの治療を進めることが肝心です。沢山の実績があります。

癌性腹膜炎の概要と取り組み

医者

癌性腹膜炎とは、婦人科の癌または腹腔内にある消化器のがんが進行し末期になり、腫瘍からがん細胞の脱落があったり、転移したリンパ節が肥大し、腹膜全面に結節が出来る病気です。 癌性腹膜炎にみられる症状としては、腹水が溜まってしまい、発熱や嘔吐、悪心や呼吸困難等がみられます。また、全身が衰弱する影響から末期の虚弱状態となったり、がん細胞が腸管に腫瘤を作った場合には腸閉塞を引き起こす場合もあります。 予後に関しては良くないといわれている病気のひとつである癌性腹膜炎は、発病することによって、病気が進行していることと、癌細胞が身体中に散っていることを示しています。積極的な治療法が行なわれないと言われている癌性腹膜炎ですが、腹水の排出や高カロリー輸血での延命や患者の負担軽減と言った対処療法に取り組んでいます。

治療に関する今後の展望

癌性腹膜炎で積極的な治療が行なわれていないのは、治療自体が難しいことや、がんが腹膜まで転移していると進行が早かったり、手遅れの場合が多い傾向にあるからです。それ故、残された期間だけでもなるべく苦しまずに生活できる措置として、対処療法が行なわれているのです。 癌性腹膜炎に対しては、効果的な治療方法がないのが現状です。その為、今後の臨床試験による治療法の確立に期待されています。癌性腹膜炎の治療には、抗がん剤が用いられる場合があるものの、その副作用が懸念されています。また、各種免疫細胞療法が癌性腹膜炎の治療に用いられることもありますが、症状の緩和や治療面からNK細胞療法が有効であるという報告も上がっており、癌性腹膜炎の治療法の今後に期待が持たれています。